事業内容

代表挨拶

磯田 武志
イソデン株式会社は、主に建築電気設備工事の設計・施工を行う会社です。
創業は20年余りで会社設立7年目となります。
私の経歴は電工見習いからスタートして現場職長を数年間勤め、その後は電気工事会社の施工管理者として現場代理の業務に転身しました。
現場代理人の業務では大手ゼネコン様や業界トップクラスのデベロッパー様の新築工事に携わって参りました。その経験の中で沢山の知識や技術を学び個人のスキルと向上と、より品質の高い電気設備をご提供するために日々の業務を重ねてきました。その結果、主要なお客様であるゼネコン様からは新規案件を継続してご指名頂き、信頼頂けるように成長して来ました。
そして会社設立当初は、社員としては私一人で設立をして、これまで身に付けて来たノウハウを生かして無理のない範囲で確実な仕事をしてきました。現在、会社組織としてはまだまだ不十分ですが、見習いを含め現場代理人7名の会社に発展することが出来ました。
これには、長年ご贔屓頂いてるゼネコン様やデベロッパー様、設計事務所様、そして日々汗をかいて惜しみない努力をしている電工さんや電材会社様、専門会社様など多くの皆様からご支援頂き今日に至っています。


建築業界では、東京オリンピック需要が湧く中、人手不足や資材高騰や福利厚生の整備が求められていますが、さらなる品質の確保や新技術など、変わりゆく新たな時代のニーズにお応えできる様、より一層の技術力とサービスの向上に努めてまいります。
今後とも、より一層のご支援ご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

施工業務

新築工事
お客様から見積依頼を受け、見積図面をお借りし、その図面にて積算担当者が見積金額を出します。その際見積図面で不明な点は質問して回答いただくか当社の経験で判断し見積条件に記載させていただきます。受注に至った案件は見積図面と契約図面の相違を確認し、場合によってはお客様に相談します。その後、工事部門に引き継ぎます。
工事担当者は建築工事現場事務所に最新の工程表や図面などを頂き、定例打合せの日時等、現場の決まり事を確認します。次に工事担当者が設計図を見て現場の内容を頭に入れておきます。引き渡しの日まで、建築現場所長・設計事務所・施主の意向を充分に理解し、検討します。最終的にお客様にご満足いただけるよう、精一杯努めて参ります。
改修工事
改修工事のご依頼を頂くと、お客様と現地を確認します。現地にて工事内容を確認し、そのための現地調査を行います。会社に戻って図面を作成し、その図面より積算をします。短工期の場合が多いため、受注後にまず、資材及び電工の手配を行います。改修工事は夜間や休日が多く、足りない材料が直ぐに手に入らないため、材料不足には特に気を付けております。また、お客様の営業開始時間に遅れることも許さないため、日々の作業量の事前調整も必要となります。
修繕工事は、照明器具のランプ交換やブレーカーが落ちるので見てほしいなど様々なお客様の要望に応えています。お客様の営業に影響する時間を少しでも短くできるよう、迅速に作業させていただきます。

設計業務

設計部門では、お客様からご依頼を頂くと事業主様や、意匠、構造、設備設計とご担当者様と設計定例を行い基本設計のプランニングを行っていきます。
事業主様のニーズや法令に合致した最適なプランをご提案し、建築確認申請を取得後はより具体的な実施設計を行って行きます。